FC2ブログ

天候不順で作業が前後します

チューニングのお仕事が進められないので、別車両のパーツが入荷したんでそちらから作業です。


ディバイスさんのバガーフェンダーの仮合わせです。HXやロードキングなんかだととても簡単につくんでっすが、ツアーパックがあるモデルですと一気に作業難易度があがります。
IMG_1153.jpg
仮付けしてちゃんと合うか見ます。
ちゃんと付いているようですが右側のフェンダー留のボルトがつきませんでしたので留め具の位置を変更しましたよ。。


ツアーパック用のステーが取りつくようにフェンダーを加工していきます。
IMG_1154.jpg

IMG_1155.jpg
IMG_1156.jpg
削っては付けて、またはずして、そして削ってまたつける。

これの繰り返しをおそらく20回はやります。


結構大変なんです。


粉まみれになりながら、エアツールを使うので手が冷えますし・・・・

今年も霜焼けです。。


スポンサーサイト



FLSTN チューニング作業

年末に納車させていただいた車両のカスタム作業です。

エキゾースト関係・インテイク関係とチューニングのセットでございます。

4FE77DD0-6202-4890-A638-1FFCF2FC1B4D.jpg

ノーマルのコンピューターでは燃料が希薄すぎてセンサーが真っ白になってめちゃくちゃエンジンに厳しい熱環境となります。
IMG_1131.jpg

燃料を少し余分に燃やすだけで劇的に乗りやすくエンジンにも優しくバイクが変わります。

後は楽しく乗っていただくだけです。

間も無く完成しますので、もう少々お待ちを!!



EVO ダイナ
 興味ある方はお早めに!!
2月半ばには流してしまうかもですので・・・

じっくり付き合えるバイク入荷です

ボタン一つでエンジン始動のバイクもいいですが、味のあるバイクが入荷しました。

FXDLの前になるのかなぁEVOでは。

FXDCです。

オイルポンプが良くなってからの92年式です。クランクは強い年式です。
距離は35600KM 
フェンダー タンクに傷があります。
Rフェンにはこすれ。

エンジン好調です。

四半世紀経過しておりますバイクですので、オイルの軽度の滲みや不具合もあるかもしれませんが、味のあるじっくり付き合えるバイクです。

お値段はとってもお値打ちに設定してあります。なぜなら保証が付けかねるからです。

業販なんかも受け付けます。

整備も別途受け付けますし、修理も致しますが、保証はできかねますのでご了承ください。

遠方の方で自分で触るぜぇ~って方以外は、近隣のバイク屋さんを通じて買われた方が良いかもしれませんね。




IMG_1110.jpg
IMG_1114.jpg
IMG_1111.jpg
IMG_1112.jpg
IMG_1113.jpg
IMG_1115.jpg
IMG_1116.jpg

変わり種

お客様の紹介でちょっとうちでは珍しい車両を触らせてもらいました~

250のマルチって言うのがもう今はないようで中古車の相場もグングンアゲアゲなようです。

ホーネット250のマフラー交換です。

IMG_1074.jpg
国産のバイクはマフラー交換で性能も良くなりますので高価です。

見栄えのいいパイプ付ければなんでもOKってわけにはいきませんよ~笑
IMG_1075.jpg

サスを外して上からつっての大工事でした。
取り付けには加工が必要ですってあったのでだいぶ構えましたが、国産メーカーはやはりやさしさの塊でしたわ。

Harleyならこの程度は加工とはいわないぜぇ~って程度の物で一安心でした。

IMG_1076.jpg

4-1-2のチタンです。集合からのセパレート 見た目がグッとゴージャスになりました。

そして性能もGOODになっているはずです。


溶接機を導入しまして現在練習中です。
IMG_1073.jpg
練習がてらに溶接台を製作中です。

溶接のプロの方お暇でしたら教えてください。

新年一発目のブログです

あけましておめでとうございます。

新年一発目のブログでございます。

年末からたくさんのご挨拶のメッセージやLINE など 頂いておりますが、ろくに返事もせずに充電させていただいておりました。笑

新年5日より営業しておりまして、営業初日からたくさんの御来客、並びにお仕事をいただきまして、幸先良い一年になりそうで感謝の限りでございます。

本日は新年1発目のチューニング作業です。

2017年のFXSBのチューニングです。

2016年2017年のFXSBやヘリテイジなどはコンピューターの中に入っていますデータが、製造時期によって異なっておりまして、チューニングのベースデータがまだなかったり、不具合多発だったりします。
FXSBやFXBなどで発生していたリコールもその絡みです。

同じデータでも不具合が発生する車両もあれば、問題ない車両もあり、非常に気難しい年式であります。
IMG_1030.jpg

ローダウンも合わせて承りまして、車高調の組み付けで4センチ程ローダウンいたしました。
IMG_1031.jpg

シャシダイナモで高速域のをデータ測定いたしまして、一般道では走れない速度域(120~180キロ)のデータを測定いたします。
IMG_1049.jpg
一通り全領域のデータを採取してデータ構築します。特に高速領域は一般道では危険が伴いますのでシャシダイナモで採取いたします。

高速域のデータで一般的に言われる最大馬力なんかが決まってきます。
逆を言うとどれだけ乗りにくくても馬力は高速さえ取れれば出ます。

チューニングがかなり一般的になってきておりますので理解の深い方ならもう周知の事実ですが、馬力=乗りやすさではないので、MOTO SERVICE KATOでは実走でデータをとれる領域は実際に乗ってデータを採取しております。
IMG_1051.jpg

またシャシダイナモの疑似的な負荷ではなく実走のリアルな環境でのデータが机上の空論ではない実態調査によるチューニング材料となりますので実走をして確認作業をいたしております。



パワーやトルクに余裕がでて、一般道での速度域 ゼロ発進~ 30~60キロ一般道の巡行 70~90キロ程度の国道の流れ
色んなケースに快適に乗ることができるチューニングの提供を目指しております。

何をもって快適か、人の感覚は異なる物ですので、ご要望等があればお気軽にご相談下さい☆





プロフィール

MOTOSERVICE KATO

Author:MOTOSERVICE KATO
三重県四日市のハーレーダビッドソンのプロショップです。ハーレーがメインですができることなら何でもお受けします。
車検・点検・修理・カスタムはメーカー不問で受け付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR