FC2ブログ

9月後半戦

9月後半もブログの更新がおろそかって言うか時間に追われ過ぎてまして更新できておりません。

駆け足に写真と軽いコメントのみで。。

IMG_7314.jpg
PMのディスクローターにリコール発生です。
材質に問題があったようです。リコールっておい!!って事よりもしっかりとどこに売れたかを把握してリコール情報が伝わってくるんだなぁ~って所に感動でした。

お次!!バトラックスのH50を自分のバイクにはかせてみました。レビューは暫く乗ってから。
IMG_7316.jpg
結構ツーリングよりのタイヤの様ですが、D社よりは柔いのでメッツラーみたいな感じなのかと想像しています。
感想は後ほど!!

クリアキンのリザードライトのコントローラーです。
中でショートしておりまして溶けてきました。

スイッチのみの交換で直りましたが、こんな事ってあるんですね。スイッチの中身が気になり分解してみましたが、私の電気知識レベルでどうなる物でもなかったですが、何故か焦げた臭いが病院臭いに似ていました。。笑

IMG_7334.jpg


しばらく眠っていたバイクの修理を以前ブログであげましたら、また同じような案件が・・・パワーアップして返ってきました。
6年以上お休みされておりまして・・・

火花が飛ばずで今点火系統のリフレッシュをしております。メーターも距離が出ず交換が必要です・・
さぁ~どう料理してやろうか・・・

IMG_7341.jpg



ここからは100%小言です。
他車購入のバイクのカスタムを承りまして、気が付いた所です。
IMG_7352.jpg
先ずマフラー モーターステージさんのパーツが付いておりますが、パイプのつなぎのインサートが入っておりません。さらにバンドがヒートガードの上から止まっております。
左右出しで左側はもう一つ上のランクです。インサートがあるにも関わらず役割を果たさぬままななめにお休みされてます。
IMG_7355.jpg
ウィンカーが社外に変わっておりまして、ネジ穴が開くのでボルトで塞いであったと思いますが、ボルトが長いのを入れてあった様でタイヤが・・・
IMG_7372.jpg

極めつけはキャブがブリーザーkit等で抑えられてなく、バックファイヤ―一撃で脱落する状態であった事です。




車両のオーナーさんにこれらを伝えまして、購入店に連絡を入れたそうです。購入店の方から状況の説明をしてほしいとの事で当店に電話がありまして状況説明をさせていただきましたが、あまり構造に詳しくないようであまり理解されていないようでした。
マフラーに関しても排気漏れがない場合は見ないとの事をいっておりました。

私が、パイプ径があってない物をヒートガードの上からバンドで絞めて排気漏れしないと思いますか?と聞くと漏れますねぇって言ってみえたので、ただ点検してないだけって事を暗に言ってみえたのだと理解しました。

こんな整備が行き届いていないバイクを売る店に限って納車整備費が高額だったりしますよね。

全ての中古ハーレーショップが迷惑してますよね。

基本的にハーレーを専門でやっているショップってディーラー、もしくはそれに準じた業界で修業を積まないと絶対に無理です。
国産しかやってない方や、車屋さんなんかで少しできるって程度では、余程独学で勤勉じゃないと成り立たないです。

ですがそうじゃなくてもできるのハーレーショップがあります。それは車屋がハーレーって儲かるからって中古車の販売に参入するパターンです。

全てではないですし、十把一絡げにするつもりもないですが、知識の無い質の悪い整備をしがちの店の共通点は資金力のある車屋さんがやってるハーレー販売です。

まぁクソです。

ディーラー、もしくはハーレーを専門的に運営している所でないと話も通じませんし、買ってもその後嫌な思いしかしないですよね。

チェーン店で買った、もしくは、中古販売のグループ店で買ったから壊れても安心ってよく言いますが、納車後すぐに不具合があるもしくは壊れるバイクを売ること自体無しよりの無しですよね。
如何せんショップ自体が淘汰されていく時代ではありますが、そんなふざけたお店さんは資金力があるので、なかなか潰れんのです。

嫌な世の中です!!



スポンサーサイト

FLSTF 復活

一時抹消から数年眠り、久しぶりの復活です。

クラッチケーブルからのオイル漏れ、バッテリー劣化、フロントブレーキの交換など乗るのに必要な項目を確認させていただきました。
IMG_7281.jpg
距離のわりにテンショナーも問題なく、まだまだ乗っていただけます。
IMG_7283.jpg
ハンドル周りのリフレッシュにブラック塗装。
IMG_7339.jpg
スイッチ移設などこまごましたところまで一新しまして完成です。
IMG_7340.jpg


整備前を見ている方はきっと見違えると思いますよ。

ハーレーを楽しんでいただけると大変うれしく思います。






10/1のツーリング詳細です。
集合場所はどこでも構いません。 時間になってもいない場合は置いていくだけです。。笑

よろしくです。

10/1 のツーリング詳細です。



ツーリングの目的地は ひるがの高原 牧歌の里 です。その後156号を少し走って うだつの上がる街並みの散策です。


集合場所は多方面からのなどを考えて当初予定していたルートから変更し、
MOTO SERVICE KATO 8時出発

東名阪自動車道大山田PA 8時30分

東海北陸道長良川SA 9時30分

この3か所のどこかで集合して下さい。

8時のお店を出発しまして、四日市東IC → 東名阪自動車道大山田PA  合流  →  名二環  → 名岐バイパス

東海北陸道 長良川SA  合流&給油  → ひるがの高原SA のスマートICより 牧歌の里へ向かいます。


牧歌の里に10時半頃までに到着予定です。 ここで自由散策 &食事を済ませていただきまして 13時頃出発

156号線を走りうだつの上がる街並み へと向かいます。

牧歌の里を13時頃出ますと うだつの上がる街並みへは 14時半頃到着予定です。

1時間程度で休憩&散策を予定しております。

うだつの上がる街並みから ほど近いところに東海北陸道美濃インターがありますのでそこから高速にあがりまして帰路についていただくコースです。


給油のポイントですが長良川SA と帰りの美濃インターを乗ってすぐの関SAにガソリンスタンドがあります。

お店から長良川SAが90キロ程度、そこから牧歌の里 80キロ  折り返してうだつの上がる街並みまで70キロ程です
うだつから関まで10キロ。

長良川SAで給油をしていただくとほとんどの場合大丈夫かなと思います。

また帰りは一宮でおそらく渋滞が発生すると思います。色んなルートで帰宅される方もいらっしゃいますので、うだつの上がる街並みで流れ解散とする予定です。

ちなみに私は美濃インターからのって渋滞をさけて 名神一宮より 岐阜羽島ICでおりて長良川の堤防を走って帰る予定ですので、帰路がご心配の方はついてきて下さい。

お店まで戻る予定です。


注意点: ひるがのSAのスマートICより高速をおりますのでETCが絶対に必要です。 ETCがない場合は手前の高鷲インターで降りなければ高速から降りれませんので注意してください。

構造変更車検

FXSBの構造変更車検です。

ここ最近4件くらい当店で続いております構造変更車検ですが・・・

久々に検査場でダメをくらいまして、バタバタしましたが何とか無事に車検も取得できまして無事に完成となりました。

構造変更ってなに??って事なんですが、みなさんが乗っているバイクの車検証には長さ、幅、高さなんかが記載されてます。

ですがカスタムによってそれらの寸法が変わった時には速やかに車検所で構造等変更検査を受け、車検証の内容を書きかえる必要があるって事です。

構造変更の車検以外には、何の変更もない場合ですと継続車検と言うのもがあり、車検の満了日の1カ月前から受験可能です。

ですが構造変更の場合は車検を受けて車検証を頂いてから2年間の有効期限になりますので、場合によっては車検が短くなったりします。

継続と構造変更とで大きく違う部分は測定ラインに入って寸法やなんやと測り、車体の記念撮影をして、色んな細かいところまで根ほり葉ほり見られます。

今回ハンドル変更で構造変更でした。
IMG_7265.jpg

オイルやなんやと交換しまして以前組み替えましたスプロケなんかの緩みもないか確認です。
一貫してみさせていただいてあると気になる部分や確認したい部分なんかもしっかりと見れてとても整備しやすいです。
IMG_7266.jpg
ナンバーの淵が隠れてしまうと車検がパス出来ないので少しずらします・・・

またこの車両はついてませんがナンバーのカバーや枠なんかも付いていると車検はNGです。
そして良く言われている縦ナンバーやシャクリナンバーもNGです。
ついでに言うと平成33年3/31以降はナンバーの角度も45度 以内 内張りの場合は15度以内となっておりますので、角度が付いているナンバーステーで社外の物は大半がNGとなります。
IMG_7267.jpg

H20年以降の車両はミラーなんかのサイズもあるので、純正ミラーに付け替えです。
ちなみに純正ミラーの丸い部分、直径で8センチ程ですが、このサイズが車検の必要最小限のサイズで、これよりも小さいと車検は通りません。
IMG_7268.jpg

Rブレーキパッドの交換です。上から見ると良さげですが・・・
ブレーキはリーディング側とトレーリング側とありまして、ブレーキが良く効く部分と構造的に逃げが少なく更に効く部分があります。上からみえる部分は比較的減りにくい部分なので実際の交換時期は上から見るだけだとしっかりはわかりませんね。

IMG_7271.jpg
今回は早目の交換と言う事で承りましたが、外してみると結構いい時期だったきがしました。

減り方に差があるでるのは構造的な部分もありますが、ピストンの動きにも注目です。
IMG_7272.jpg

フリーの状態でブレーキを動かすとピストンの動きやすいほうだけが出てきます。
2ポットなので2つ同時に出るのが理想ですが差が生じると片減りを助長しますので、清掃してピストンの動きを整えます。

少しの事ですが、後々に大きな差になってくることです。

整備してない車両と整備してある車両の差は冷酒と同じで後からジワジワきますよ~






ツーリングのお知らせです。

10/1 MOTO SERVICE KATOツーリング開催です。 岐阜県方面です。近いところですがお暇な方はご一緒にいかがでしょう。
詳細は後日UPします。。


プロフィール

MOTOSERVICE KATO

Author:MOTOSERVICE KATO
三重県四日市のハーレーダビッドソンのプロショップです。ハーレーがメインですができることなら何でもお受けします。
車検・点検・修理・カスタムはメーカー不問で受け付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR