FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XL883R 納車整備の続き

フロントタイヤが入荷しましたので交換致します。
IMG_3909.jpg

ついでにフロントブレーキも綺麗に整備させていただきます。
IMG_3908.jpg
IMG_3910.jpg
綺麗に掃除ののちグリスアップする所はグリスアップ。
IMG_3911.jpg
そして白ボケした黒エンジンをリフレッシュいたしまして完了となります。

クラッチケーブルが届き次第作業再開です。
スポンサーサイト

XL1200CX ロードスター ハンドル交換編

本日天候に恵まれ、早朝よりデータ採取にバイクを乗り回しておりまして、とりあえずひと段落です。
そしてハンドル交換へ、オイル交換へと進みます。
データ採取時に若干気になりましたのでオイルをぬきがてら、プライマリーチェーンの調整です。冷間時6.3~9.5mm温感時9.5~12.7mmが許容範囲ですがたるみが多く低速時やクラッチを切っている瞬間少し音が出ますねぇ。調整です。
IMG_3902.jpg
エレメントも交換です。ギラギラ見えるのは初期の馴染みによる鉄粉です。初めのうちは短めのスパンで交換した方がエンジンには優しいですね。
IMG_3903.jpg
そしてファビラスのエレメントに交換です。こちらはサンダンスさんのではなくジャパンドラッグさんのファビラスです。デザインがこちらの方が私的に好みです。チェッカーフラッグが入りレーシーな印象ですね。こちらエレメント寿命が通常の二倍でオイル圧送の抵抗値が低いという優れものです。
常に在庫しているわけではありませんので、こちらを交換希望の場合はあらかじめご連絡ください。
IMG_3904.jpg

そしてハンドルへ。ノーマルの物って全般的に幅が広いんですよね。もう少し狭いといいんですがってな事で2インチロボハンに交換。以前も付けていてギリギリ行けると思う!!勝負に出てみようとの事でチョイスしていただきました。
IMG_3905.jpg
IMG_3906.jpg

結論から行きましょう。どえらい苦労しましたよ。でもなんとかしました。
毎度毎度ハーレーさんのいやらしさには脱帽物です。
ストリート750のミリのハンドルの時から根性の悪いって事はわかっていたんですがねぇ
a5a0f8b5b0b0ea73b6f0bef444dee269_600.jpg
こんな状態ですよ。。笑

ハンドルの幅が広いのはブレーキのバンジョーが当たるからですか??
IMG_3906.jpg
他のモデルと共通部品でまかなうためにハンドル幅を広くして誤魔化しやがったなぁ!!

考えすぎでしょうか・・・

なんとかうまい事知恵を絞りまして取り付けました。
IMG_3907.jpg

めでたしめでたし!!

29日30日はお休みですのでよろしくお願いします


XL1200CX ロードスター

最近でました新モデルXL1200CX ロードスターのカスタムを承りました。
IMG_3895.jpg
ハイフローフィルターに交換、そして取り付けにキャップボルトが干渉しますので、薄いボタンヘッドに交換です。
IMG_3896.jpg
バンスのマフラーとハイフロークリーナーでチューニングをしていきますが、音がご近所にご迷惑になるとの事でクワイエットバッフルを入れます。
IMG_3897.jpg
標準で付いているものより遥かに抵抗になる仕組みになっておりますが、音量は・・・・・

ないよりはいいですね。。笑
IMG_3898.jpg
そしてデータ採取使用にセンサーを取り付け明日よりチューニング開始です。

VRSCFハンドル交換

マッスルのハンドル交換を承りました。
IMG_3874.jpg
マッスル特有のかくばったアルミハンドルからノーマルなハンドルの物へ交換です。初めて交換させてもらいましたが結構作業もしやすくって、さすがポルシェデザインだなって関心してました。ポルシェの設計なのはエンジンだけなのかねぇ!?
配線やケーブルもすんなりおさまり、ウィンカーの配線をつなぎなおし完成です。
IMG_3887 (1)

IMG_3888.jpg

あぁ・・この写真ヘッドライト付ける前のだ・・・

FLHXSE ハンドル&フットコントロール

昨日から夜なべにつぐ夜なべでハンドル交換です。

入庫車両は新しい車両がほとんどですが、最新の16年モデルも作業させてもらいまうよ~。
新しいツーリングモデルのハンドル交換はこれまでに2台目です。結構なところまでばらさないとクラッチのホースが抜けませんのよ。
IMG_3864.jpg
アレンネスのレギュレターバーを取り付けさせていただきました。ブレーキホースや配線のケーブルなんかの具合は以前に同じタイプのハンドルを付けたことがあるので、わかったおり作業もスムーズに進みました。クラッチホースも交換して長さがキッチリいきましたよ。
IMG_3870.jpg
ナビも取り付けおさまりました。
IMG_3872.jpg
ミラーはもと付いていた物はカスタムして後に取り付け予定で、実際に使用するのはスイッチ付近の所のミラーとなります。

フットコントロールもポールヤッフィーのリンケージと良い具合にマッチします。
IMG_3863.jpg
ネスのディープカットで決まりました。
IMG_3862.jpg
ツアーパックも付くと雰囲気も更に変化しますし、楽しみです。

XL883R 納車整備

昨日京都のハーレーショップBLASTさんまでXL883Rを分けてもらいに、うちのおちびと二人ででかけておりまして、本日早速納車整備にとりかかりました。

XL883Rもオレンジは多いですが黒のキャブ車となると玉数も少ないのです。
IMG_3849.jpg
エンジンを温めオイル交換です。ドレンホースの出口付近には古いオイルが溜まっていたのでしょう、若干水が混ざって乳化してます。
IMG_3851.jpg

納車整備ではプラグももちろん新品に交換です。
IMG_3852.jpg
プラマリーオイル交換のついでにインスペクションカバーよりチェーン調整を行います。少し緩かったので張りましたよ~。
ここは張り過ぎも緩みすぎもトラブルの元ですので規定値に合わせていきます。温感時冷間時で異なりますが6.5~9.5mm 9.5~12.5mmってのが規定値です。
IMG_3853.jpg
クラッチケーブルの加締めからオイルが結構にじみます。ケーブルつけ根部分のOリングの劣化よりもスポーツの場合は加締めからの漏れが多いですねぇ。ここはケーブル交換以外に方法はありませんので潔く交換です。
IMG_3854.jpg
オイルエレメントも勿論交換です。
IMG_3855.jpg
オイルは只今キャンペーン中の半合成を惜しみなく使用です。油面の保持性能で差が出るのでしばらく眠っていたバイクには優しいオイルですねぇ。
IMG_3856.jpg
そしてブリーザーの空気抜きもノーマルのままでしたので少し抜けるように加工します。
ひと昔前にロッカーカバーからのオイル漏れが大量発生の時代は当たり前の様にここの穴を広げて内圧を下げるってのをやってましたねぇ。そしてそれでオイル漏れもいくぶん改善されましたしねぇ。。笑

IMG_3858.jpg
そしてアクスルシャフトのグリスアップです。錆びもあまり出てなくって良かった良かった。
IMG_3859.jpg

そして中古車なのでバッテリーも新品に交換させていただきます。
付いていたバッテリーもまだまだ使えるバッテリーですが納車点検で交換です。
IMG_3857.jpg

バッテリーの強さに関してですが本日ちょっとした出来事が・・・
IMG_3860.jpg
バッテリーって電圧も勿論大事ですが容量も大事です。
マーカーしてある部分の数値がCCAいわゆる始動時に出せる出力なんですが、一番左146CCA まんなか353CCA そして525CCA
146CCAの物は今朝エンジンがかかりましたが昼過ぎに急にかからなくなりました。。笑
新品が525CCAなんですがおよそ3.5倍力に差があります。
お客さんが交換しよっかって言っていたんですが、「前触れがあるし、秋口くらいまで持つんじゃないかな」って私の見解で交換を保留にした途端の出来事でした。笑
電気は目に見えまえんが数字はうそをつかないと言うことが実証されました。笑

そしてCCAも有りますが端子をグルット回してみると、スペーサーの腐食も原因だったようです。
IMG_3861.jpg

よくハーレーのバッテリーは高いから社外のバッテリーでと言われる方が見えますが、社外品でも良い物もあります。
だけど、悪い物って言うよりハーレーには向かない物が多いです。

それはハーレーのバッテリーと社外のバッテリーの構造上の違いであって、性能の問題では無く防振対策の面で差があります。

ソフテイルなどの振動がない車種ではどんな物でも良いと思いますが、振動の強い車種ではしっかりと防振対策のバッテリーでないとスグに逝ってしまうと思います。

バッテリー豆知識でした。。


FLTR カムカバー交換

カスタムをした当時はまだ今回お取り付けさせていただくパーツがなかったんです。
時代と共に新しパーツもどんどん出てきて一通りカスタムを終えた車両でも仕様変更をしていただけるようになりました。
IMG_3838.jpg
マフラーをずらしてカムカバーをはずして。
IMG_3839.jpg
結構なんぎして完成っす。
IMG_3842.jpg
これでカムカバー ミッショントップカバー クラッチカバーと右側が揃いました。

タペットブロックやロッカーカバー等もいっちゃいますか。笑


毎度ご入庫ありがとうございます。

天気の良い日にまたご来店お待ちしております。

FLHXSE 完結編

FRの足回りのカスタムをさせていただいておりましたHXのCVOです。

フェンダーの塗装があがてきまして、最終段階の作業でした。

以前のブログはこちら

フォークはラジアルマウントへコンバートです。
ローターも13Inへ大径化しました。
IMG_3833.jpg
そしてカーボンフェンダーの良さを残し、CVOカラーのカーボンクリスタルと合わせて塗装していただきましたよ。
IMG_3831.jpg
IMG_3832.jpg

ラジアルマウントキャリパーへのコンバートにあたりブレーキのバンジョーの向きが悪く取り付けに難航しましたが無事につきまして綺麗におさまりました。

ラインの交換をしましたのでABSのエア抜きも実施します。
IMG_3835.jpg

そしてついに完成っす~~
IMG_3836.jpg

そしてフェンダーにはさりげなくCVOです。
IMG_3814.jpg



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

もう一台の方も本日カスタムさせていただきました。
IMG_3828.jpg
RSDのベルトガード、そしてトライジャさんのウィンカーへ変更です。
IMG_3830.jpg

いつも御贔屓にしていただいて誠にありがとうございます。
ETCの移設は後日させていただきます。


FXSB ハンドル&ウィンカー&テール

FXSB 2016年モデルのハンドル&テール&ウィンカーの交換です。

IMG_3803.jpg
トライジャのハンドル&テールへ変更です。
結構ばらします。
IMG_3806.jpg
ウィンカーステーの部分を交換しましてナンバーステー付きの物へ。
IMG_3809.jpg
そいでウィンカーもフォークに移動です。
IMG_3812.jpg
見た目もグッと変わって、乗りやすいポディションになったと思います。

ありがとうございました。

XL1200X 車検でございます。

IMG_3783.jpg

整備も人それぞれの癖があってどこからやるか、どこまでやるかって具合が違いますが、このバイクは前後足回りからオイル交換など見させていただいてますので、作業しやすいバイクです。

各所の増し締めや潤滑、清掃を行います。
ガンガン走るバイクでECM書き換えをしているバイクは車検ごとや走行距離に応じスパークプラグの交換は必須ですので、ここは交換です。
IMG_3784.jpg
そして数カ月前に組み替えたブレーキ類の具合を確認します。しっかりと真ん中でディスクをとらえていますね。パッドも左右均等に減っておりますしよさげです。
そして、交換が些か大変なリヤブレーキは使わないでねって言う忠告通り、後ろのブレーキは使用頻度低めを守っていただいているようです。。笑
IMG_3785.jpg
プライマリーオイルもしっかりと汚れておりますので交換です。クラッチも酷使されているんでしょう、きっと☆
優しく走ってくださいねぇ。200キロオーバーは控えめに(笑)
IMG_3786.jpg

ガンガン回すエンジンにはやっぱり100%化学合成油ですねぇ。 さらに上の300Vもございますのでよろしくです。MOTO SERVICE KATOでは、CVOなどに300Vを入れているのでまた違いを感じていただけるかもですねぇ。
IMG_3787.jpg

プライマリーオイル交換の際にチェーンテンションの調整です。ここのテンションはどうでも良さそうに見えますが、結構影響します。著しく始動時に負荷がかかったり、走行時にノイズがでたり色々な原因の巣窟です。
IMG_3788.jpg
そしてブレーキフルードの量と汚れも確認です。組み換え時に交換しておりますので、問題なさそうなのでそのまま行きます。
IMG_3789.jpg
そして最後にバッテリーチェックです。
IMG_3790.jpg


無事車検も取得できました。

ありがとうございます。
プロフィール

MOTOSERVICE KATO

Author:MOTOSERVICE KATO
三重県四日市のハーレーダビッドソンのプロショップです。ハーレーがメインですができることなら何でもお受けします。
車検・点検・修理・カスタムはメーカー不問で受け付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。