FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボソフテイルFXST 中古車

エボのFXSTです。委託販売車両です。
メーター交換車です。メーター読みで15000キロ程です。エンジンに異音もなく調子いいです。そのままでもカスタムベースにも。おススメです。
IMG_3453.jpg
キック付いてます。しっかりと機能します。わたしは技術がないのでキックではよう~始動しませんが・・・
IMG_3454.jpg
スイッチ類が移設してあります。
IMG_3455.jpg

IMG_3456.jpg
IMG_3457.jpg

ノーマルのプライマリーカバー コブラシート エアクリーナーがあります。

車検が29年10月まであるのでそのまま乗れます。

キック付きのエボソフテイル ご興味ある方問い合わせお待ちしております。

お店に電話くださいねぇ。
MOTO SERVICE KATO 059-324-2356
明日4/30 5/3・4・5とお休みですので、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

FXSTB の続き作業です

パーツが入荷しまして早速作業です。
インジケータの配線とレギュレター交換です。

エボ以前の車両は良く有るトラブルなんですがレギュレターパンクとか結構厄介です。
以前外した時に発見してしまいまして、今回は予防整備ということです。
IMG_3441.jpg
割れてきています。結構使いこまれておりますので、交換です。
社外品なんかで永久保証の物もあるのに壊れている場合かよって思いますよねぇ。

レギュレターが逝かれると、バッテリーの中にたまっているだけの電気で走ることになります。でもこれはラッキーです。
充電しなくなるのはホントラッキーなんです。
最悪過充電でバッテリーが爆発、バッテリーの中の液が飛び散りバイク錆びる、そして電球とかはすべて高電圧の為に破裂。
配線なんかも溶けてしまったらメインハーネス交換となります。

かるく100万は超える修理代になります。
IMG_3442.jpg
レギュレターを交換しておくだけでそんな不安も解消されますねぇ。
こちら永久保証です。

IMG_3443.jpg
取りつけ後電圧測定し、確認してこちらは完成。

そしてインジケータの方ですが、もと付いてた物の下穴が大きすぎるので苦肉の策です。
IMG_3445.jpg
ワッシャーでなんとかしました。

作動確認し無事終了です。

Nランプがつかねぇ~よ。

インジケーターのランプがツーリングの途中で付かなくなったようで、レギュレター交換と共に入庫です。

LEDですがまれにつかなくなるのがあるんです。LEDもかなり安価になってきてんですが、それって中華人民共和国民ががんばって作った結果安価になってる物がほとんどですって事で、原因の究明からです。
IMG_3438.jpg
NランプなのでNスイッチや、配線など構成部品は極めて少なく作業はそこまで複雑ではありません。
IMG_3439.jpg
車歴も古くなっているので先ずはNスイッチから潰していきます。配線をとって導通確認。スイッチまでの配線を直結でランプが点くかなど、原始的な作業で見ていきます。
IMG_3440.jpg
結局はLEDでした。笑
線が色んな所で継ぎはぎになっていたので、その可能性も考えて短めに切ってLEDをバッテリーで点灯させようとしたら、中でバチッって…ショートしておりました。

変わりのランプを手配しましたので入荷までお待ちください。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

そして SEチューナーの調整です。
SEクリーナーとSEエキゾースト ストック255カム のベースマップが入っておりますが、ベースのままでVEや空燃比はほぼそのままです。SEチューナーをただ取り付けた状態です。これはベースマップですが現在のマップもほとんどこれです。。笑
IMG_3434.jpg
これならPC触れる方なら自分でできると思います。
ちなみにマップは全域で書き換えました。
だってデータ流すだけなら何の意味もないですもんね。
極端な話ベースマップから触らないって、土俵に上がっただけで何も始まってないって事ですよ!?マフラーの性能やクリーナーの吸入空気量が違っても全部同じデータでいいんですか??って事になりますよねぇ。ちなみに電スロのソフテイルと、ツーリングモデルを制御しているマップは同じ物ですが、車種違うのに同じデータでいいの??って思いますよねぇ。
ダメですよ、もちろん。ベースから触って調整をするのを前提に吊るしのマップがあるのでそのままにするぐらいなら、付けない方がましです。SEチューナー付けて何も触らないとレブリミットが高いままなので無茶に回す人だとエンジン壊しますもん。
これってどっかがやっているECMを送って書き換えて送り返してくるってのと近いってかそれ以下のおかしな出来事です。
IMG_3436.jpg
そして一番重要。チューニングの肝のVEも・・・
IMG_3437.jpg
そしてマップ製作後書き込んで終了です。

個人的な意見ですが
SEチューナーは実走でうまくVEのデータが取れないので、シャシダイナモを使って調整する以外は正直な所フューエルパック以下だと思います。
実走でデータが取れるフッラシュチューナーを推す一番の理由はここなんです。
シャシダイナモがなくてもフラッシュチューナーならデータが取れます。以前のブログでも書きましたがかなりの範囲でデータが取れます。
SEチューナーはデータ採取能力が極めて低い為実走ではデータが取れないので適当なデータ入力になってしまいます。

FP3はオートチューン機能が付いている分、SEチューナーより触っる幅が少なくても遥かに良いと思います。
ベースマップに関しても誰もSEクリーナーでSEマフラーをセットで付けるわけないので社外のデータが入っているFP3の方が良いと思います。
オートチューンを使わなくてもただ書き込むだけならSEチューナーの必要性は全くなく、FP3で必要十分の機能があります。

コンピューターチューニングをお考えの方は是非ご相談下さい。

わかりやすいようにご説明させていただきます。

ちなみにSEチューナーでもフラッシュチューナーでもFP3でもサンダーマックスでもどれを付けてもマックスパワーに大きな変化はありません。調整幅や完了までのプロセスが違うだけです。MAXはエンジンの仕様によって変わりますので、モアパワーって方はエンジンチューニングのご相談もお受けしております。

FX ソフテイル

昨年の11月頃からオーダーいただいておりましたパーツがやっとこさ入荷しまして、無事にお取り付けさせて頂いました。

105周年アニバーサリーカラーのFXSTCです。
私が初めて買ったハーレーもFX系のソフテイルでした。このスタイルは変わらずカッコいいし、好きなんですが、最近のラインナップからは無くなってしまってますねぇ。
IMG_3423.jpg

アレンネス10ゲージクリーナーです。こちらのシリーズのみレインカバー不要の優れもの、水は通さず空気は通す専用設計の素材と形状。一押し商品です。入荷に時間かかることがありますが。。笑
IMG_3424.jpg
メッキが良く合います。雰囲気も良くまとまりました。
IMG_3425.jpg


そしてもう一台。
FX系ソフテイルと言ってもFXSBです。
FXってFL系の快適さとXL系のスポーティーさをかけ合わせFX系って新しいのができたんですが、タイヤの設定なんかで考えるとまさに現在のFXスタイルなんでしょうねぇ。

復活です。
IMG_3426.jpg
タイヤを交換ついでにホイールの交換です。CVOのタービンホイールへ変更です。
IMG_3427.jpg
ローターボルトやスプロケボルトは交換ついでにもちろんメッキの物へ交換です。
IMG_3431.jpg

すこしの事なんですがローターの黒いところにメッキがアクセントになっていい感じで足回りが引き締まります。

車両の準備はできておりますので、お楽しみに〔^-^〕

FLHR クラッチケーブル

ハンドル交換に伴いケーブルを交換する必要が出てくる場合が多くのあります。
そしてハンドルに合った取り回しや、長さの物を選ばない、ケーブル自体の寿命も短くなってしまいます。

適正サイズより若干長めの物が付いてまして、それを逃がすために取り回しが変更されていました。取り回し等で対応できるレベルであれば良かったのですが、すこし無理がかかっていて交換から2~3年でオイルが漏れてきておりました。
IMG_3414.jpg
ケーブルのダボツキが大きくてカシメ部分に負荷が大きかったみたいです。フェンダーにも干渉しておりました。
IMG_3415.jpg

ケーブルの付け根部分は良く漏れる所ですが、ここは問題なかったです。
IMG_3416.jpg
そして調整の部分のカシメの所からオイルが漏れておりました。ここからのオイル漏れは初めてみました。ハーレーのケーブルはケーブルの内部にオイルが回ってケーブルを潤滑する仕組みになっておりますので、ケーブルがケースよりも下にある部分にはオイルが溜まっている仕組みです。
IMG_3417.jpg
つまりカシメから漏れるって事はどんだけ下に調整部分来てんだよって事です。
常時いたならば論外ですが、ケーブルの摺動などで引っ張られ、毛細管現象によりジリジリとオイルが上がったんだと思います。

ケーブルの長さなんてハンドルを実際に付けてみて、測ってからじゃないとわからないのが本音の部分なので仕方がない気がしますが、取り回しでカバーしきれない程の誤差があるなら別な物を手配するべきだと思いますねぇ。難しい部分ですが・・・
IMG_3420_2016042315402522a.jpg
ハンドルの絞り角度なんかでもケーブルの入り角度が変わるので、取り回しも難しいですが、前についていた物より2INほど短い物でしっくりきました。
IMG_3421.jpg

ミッションオイルも出た分継ぎ足して、作業終了です。

FLSTF ブレーキの続き作業

ブレーキトラブルの続きです。ピストンが入荷しましたので、早速組み付けと、同時にリア側も点検をご依頼いただきましたので、作業してまいります。

新しいピストン、色も形も違います。大昔から使われてきておりますので、若干の仕様変更はございます。廃盤にならなけりゃいいかぁってもんです。
IMG_3396.jpg

以前の作業で綺麗にしたキャリパーに組み付けてをして、新しいフルードを入れてエア抜き作業です。
IMG_3400.jpg
IMG_3402.jpg

サクッとエアも抜けてきました。

続いてR側の作業に移ります。まずは何を言ってもフルード劣化の確認です。
IMG_3403.jpg
リザーバータンクも綺麗にしなければなりません。
そしてマフラーを外し~の、キャリパも外し~の、分解し~のです。

構成部品も少なく単純な構造ですので、その分一つ一つの作動が重要です。
IMG_3404.jpg
ピストンも少しだして清掃してグリスアップです。傷などは無かったし、ダストシールもしっかりとおさまっておりましたので、直ちにトラブルが起こるって事は無いと思います。
パッドが乗る部分もしっかりと汚れを落とします。
IMG_3407.jpg

ここで引っかかるとパットが斜めに押され本来の性能を発揮できなくなります。またトラブルの原因になります。
IMG_3408.jpg
IMG_3410.jpg
そして車体にパッドを組み付けキャリパーを収めようとした時に発見です。
パッド自体はあと3ミリ程残っておりますが、このパッドとても減るのに時間がかかるパッドでございます。
ライニングの部分がパッドの地金の部分より端っこが少し剥離しだしております。
IMG_3412.jpg
時期を見て交換したいところですねぇ。

明日少し長い距離試運転をさせていただき、問題なければ完成となります。もう少々お待ちください。


最近MOTO SERVICE KATO ブレーキ作業が少し重なりました。

修理させていただいた純正片押しキャリパー

そして本日交換させていただいたベルリンガー
IMG_3399.jpg
IMG_3401.jpg
削りだしの様でして、表面にも切削の後が薄っすらと見えていて玄人好みの感じでした。
シムなどのキャリパーに付いていなくって、ドンピシャで組めるのかって期待したら、やっぱりシム調整は必須でした。笑

そしてPM製の6POTキャリパ
IMG_3397.jpg
こちらはドンピシャで付きましたが、4ポットを使用しているモデルからですと、マスターを変える必要がある場合があります。
こちらの車両はダブルディスクより6POTへの変更で問題なくつきました。

そして言わずとしれたブレンボ
IMG_3398.jpg
性能は間違いない物です。 私は超高速の中でブレーキをかけたことがないので、そこまで性能の違いはわかりませんが、いいんでしょ!!
でもブレンボ、ハーレーにつけるのには見た目が・・・  色んな色がありますから車体や、雰囲気に応じてチョイスするのもいいですねえ。  でもブレンボのメッキだけはやめた方がいいですねえ。質がよろしくないので・・・クリ○○ンの方が遥かに良いってレベルです。

そしてブレーキばかりではなくブレーキの効きやフィーリングを大きく左右するサスペンション、こちらも重要ですので、現在のブレーキシステムや足回りに不満がある方、是非ご相談を!!

FLTRXSE フェンダーエクステンション

バガーフェンダーやエクステンションなんかで、CVO用に対応するものって実は無いんです。
そしてそれを作ってみえる所があるって事でお客様から教えていただき、早速やってみようってな事です。

ノーマル状態です。といってもCVOなのでカバンもフェンダーエクステンションもストレッチ&バガー仕様になってます。
IMG_3368.jpg

今ついている物をペイントショップさんにだして、延長してもらい送り返してもらいます。
IMG_3369.jpg
ここからマフラーの逃がしや、クリアランス、取り付けの確認をします。

なんか適当に丸い物をあてがって円を描いて最小でマフラーの逃がしを作ります。
IMG_3371.jpg
その後削りに削って成形していきます。
削り過ぎると全てがパ~になるので、何度か足を運んでいただき打ち合わせをさせていただきました。

一番下のふち部分が揃うようにということで細かく削って合わせます。
IMG_3384.jpg
角部分もしっかりとアールに加工して後は業者さんに細かいところの手直しをしていただいて、同色に塗装していただきます。
IMG_3385.jpg

色が乗るとまた雰囲気も変わると思います。
完成をお楽しみに。

さぁ~もうひと仕事だぁ。

今日はここまで。

ナンバーフレーム

FLHXSEのナンバーフレームをお取り付けさせていただきました。

CVOのテールが日中だと少しわかりずらいのでちょーどえ~感じになりましたよ☆
IMG_3353.jpg

IMG_3354.jpg
ウィンカーも付きます。

動画もとったんですが、ナンバーが隠れていないのでUPするのは控えておきます。。


そして本日 XG750でご来店してくださった。珍しいお客さん!?です。
IMG_3373.jpg
ビューエル用の倒立フォークを付けてブレーキを大径化して、リヤサスも勿論交換。
キーシリンダーの移設から、ハンドルロックの製作。
IMG_3374.jpg
こんな変態バイクを仕上げてくる人と言えば・・・
メカニックじゃなきゃこんな事はできませんよねぇ。

誰からは想像にお任せしますが、うれしい来客でした☆  

明日はMOTO SERVICE KATO 20日ですのでお休みデス。

10日がツーリングでしたので実質今月初の休みです。ゆっくりし~よっぺ!!

FXSBSE ウィンカー交換

FXSBSEのウィンカーの交換を承りました。

ノーマルのウィンカーを移設させていただいてあったのですが、サイズの小さい物へ交換です。
ジョーカーマシーン製のLEDウィンカーです。フォークにそのままクランプする物ですのでスッキリすること間違えナシです。
IMG_3313.jpg
現在の状態です。
IMG_3325.jpg
目測を誤りまして・・・
分割するタイプかと思いきやフォークを抜いて上から通してくる物でした・・・
工賃安くし過ぎたかなぁ。。笑 フォークを抜くついでにアクスルなんかも潤滑しときます。
IMG_3326.jpg
ETCのバックも少し奥に引っ込みましてスッキリした気がします。
IMG_3329.jpg
LEDなので小ぶりながらもしっかりと視認性は確保できております。
IMG_3330.jpg
ウィンカー1つで結構イメージも変わるもんですねぇ。

そしてLEDウィンカーでは、消費電力が小さくなりますので、BCMが球切れって認識してしまいハイフラになってしまいますので、抵抗を入れて対策させていただきました。

もう一台の車両も作業ブログを書きたいんですがなかなかブログが実作業に追いついてこずにネタばかりが溜まって行きます。。笑

明日はFLHXSEのナンバーフレーム交換報告です。


ご入庫ありがとうございました。

週末のお仕事

昨日と今日とで色々とカスタムさせていただきましたよ。

まずはTRXSEにVPクラッチの装着です。基本的にVPクラッチを組むとミートポイントが遠くなってしまいますので、組み付けと同時にレバーのマスターを押す部分のコマを交換をさせていただいてます。
IMG_3337.jpg

クラッチ板の残量測定をして組み付けて行きます。クラッチ組んだついでにダービーカバーも中が見えるタイプに交換させていただきました。    半ば強引に押し売りでしたが。。すいません。(*´_ゝ`)
IMG_3342.jpg

Rフェンダーまわりの仕上がりが楽しみですねぇ。塗装があがるまでしばしお待ちください。

そしてFLHXSEのシフトリンケージとインナーシフターの交換です。
IMG_3339.jpg
カールブローハードのステップやフォークカバー、シフター  どんどん揃ってきました
IMG_3340.jpg
2016対応のダービーカバーなんかも出てくるといいんですがねぇ。

そしてFXDFです。ハンドルを交換させていただいた車両ですが、フォークのリフレクターをとった方が雰囲気いいんじゃない!?
って事で取り外しました。
IMG_3344.jpg
艶消しの車体にグロスブラックのフォークなので、やっぱオレンジは無い方がいいですねぇ。
IMG_3345.jpg
黒のパーツとメッキできまって行きますねぇ。

たくさんのご入庫ありがとうございます。


プロフィール

MOTOSERVICE KATO

Author:MOTOSERVICE KATO
三重県四日市のハーレーダビッドソンのプロショップです。ハーレーがメインですができることなら何でもお受けします。
車検・点検・修理・カスタムはメーカー不問で受け付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。