FC2ブログ

TC88の初期型です

本日と言いますか数日前から頭を悩ませてくれていた、原因不明の故障車がございました。

2000年式のバイクなんです。俗にいうTC88です。88のBエンジンなんですが、これがまたクセモノエンジンでございます。

2000年1999年この二年間製造されている初期の88エンジンは何故か腰下(エンジンのシリンダよりも下部)にカムの位置を見るセンサーCMPsenserというものが付いています。

1999年以前のEVOではお馴染みなんですが、TC88でも年式により実はついているんです。

2001年からはCMPsenserはお役御免となり無くなってしまうのですが、ハーレーらしいと言うか、アメリカらしいと言うか、残念なことに99~00年の短い期間のみのセンサーだったので社外品もなければ、年式対応のカスタムパーツもないんですよ。

そのくせハーレーからの部品の供給はなくなったりします。

非常に怖いエンジンなんです。。

それはさておき今回承った車両の症状がもろにこの部分に関わってくる症状だったのでヒヤヒヤしました。

アイドリングの不調だったんですが、私が車両を見た時には火花すら飛ばずでした。

故障診断をしていき、不良ヶ所を比較的素早く発見することができたんで良かったんですが、今回は貴重な経験をさせていただきましたよ。

IMG_1638.jpg

おそらくもうCMPsenser付の車両の点火系で悩むことは無いであろう位勉強になりました。。

修理もそこそこに  車両も15年もたてば結構やれてくるんです。

IMG_1640.jpg

こんな感じに。。でも今回もこれでばっちりきれいにさせていただきました。
IMG_1643.jpg


でひMSKまでお買い求めを。。
スポンサーサイト

XL883N フラッシュチューニングです。

以前にもXL883Nでチューニングをさせていただいたことがあります。

それをyoutubeにUPさせていただいていた動画を見てくださった方が今回の「自分の883Nも動画のようになりますか??」

とお問い合わせいただき、今回チューニングさせていただきました。

 三拍子&加速アップ そしてバンスのマフラーなのでバックファイヤーや、暖気時の高回転でのアイドリング等調整させていただきました。



バンスのショートショットスタッガード にS&Sクリーナー でチューニングを行いました。

あとメーカー欠品の部品がまだ入荷いたしませんので、入荷いたしましたら追加カスタムさせていただく予定です。

ありがとうございます。

FLHXSE カムカバー

本日はFLHXSEのカムカバーを交換です。

前回はVPクラッチの交換に伴いシースルーダービーカバーを付けさせていただきました。

今回もシースルーでかなりきまりましたよ。

RSDのブラックがマフラーのブラックとマッチしてかなりカッコいいです。


合わせてレバーも交換させて頂きました。
IMG_1631.jpg

こちらはクラッチなどが油圧になり遊びの調整ができないのでレバーにて調整ができるようになっている機能的なレバーです。
質感も重厚でとても良い一流品です。

油圧クラッチでミートポイントが遠いなぁ~とお困りの方、是非ご相談下さい。

なお年式により対応していない油圧クラッチもございます。

FLHX アクシデント発生

OPEN前にヘルプの電話があり急遽車両の引き取りに出かけました。

本日ナルカワさんの定期的に開催されているツーリングの見送りに行こうとしたR君が再び事故ったとの事でツーリングに行っててナルカワ社長いないし~たすけて~って事でした。

現場に着くと怪我人も無く、不幸中の幸いでした。

後ろから追突されたようで、R周りがぐちゃっと、ついでに前に押された表紙にフェアリングもぐちゃっと、そして転倒でバンパーグッサグサ。。

おまけにRフェンダーがタイヤに刺さり、前には進むがバックできずでした。

エンジンはかかったので無事に積むことができました
IMG_1611.jpg

しかしバックができないので車内でRフェンダーを外しおろすことに・・・
IMG_1612.jpg

でもMSKのハイエースにツーリングモデルは積めるのか疑惑も無事に解決しました。。笑


XL883N アイアンのカスタムです

本日は883アイアンのカスタムです。

ネタはこれ
IMG_1605.jpg

IMG_1606.jpg

バンス&ハインズ ショートショトにS&Sのティアドロップクリーナー

早速作業に取り掛かるんですが、14年以降のモデルはエキパイからゴッソリと変更されていまして。
IMG_1607.jpg

がっちり前後で一体になっておりますので、振動なんかで緩みにくくなってます。
いいんですが、まだまだこのタイプに慣れないので、戸惑いましたが無事に装着
IMG_1608.jpg


そしていつものごとくディレクトリンク・フラッシュチューナーでチューニングをさせていただく為の準備をさせてもらいます。

IMG_1609.jpg

以前にYOUTUBEにUPさせていただいた883Nの動画見て、MSKにお問い合わせいただいたお客様の車両ですので、


これに近い感じに仕上げたいと思います。

吸排気の設定が動画の車両と同じではないので、今回も実走にてデータ採取を行い、セッティングを詰めて行きたいと思います。

乞うご期待。。

Fフォークのそばかす

シミ そばかす 齢を重ねれば必ずしも出てくるんです。

それは人もバイクも同じです。

フォークのオイル漏れを直しついでに綺麗にしました。

IMG_1595.jpg

こんな感じになっているのを先ずはコーティングを剥離します。

写真を忘れたので、内容は企業秘密ってことで。

IMG_1597.jpg

これ昔小学校の理科の実験で使いましたよね。バイク屋さんは今でもつくんですよ。
これメスシリンダー!!

IMG_1600.jpg

ダイナモデルの49φのフォークってアホ程オイルを使うので、こまめにオイルを変えないとオイルの性能が落ちてくるとテキメンに乗り心地が悪くフロントがバタつくようになります。
MSKではこれまでの経験からモチュールのフォークオイルをお勧めし、使用しております。


IMG_1601.jpg

磨き作業は企業秘密ということで。。

錆びついてきているフロントフォーク メッキタイプに交換するのもいいですが、車歴の古い物だとフォークだけが新品で浮いてしまうなぁ~って悩んでいる方がみえたら、是非磨きに出してください。


FLHX オイルが滲んでるよ~~

メーター周りのバックライトの球切れで交換して~って事で遊びに来てくれたお客さん。

前回りを少し外していくと、どえらいとこからオイルが滲んでおりました。

IMG_1579.jpg

フォークの中のバネを抑えてるキャップ部分から垂れたオイルに埃がついて、発見しやすい状態になっておりました。

この部分の締め付けは結構面倒なんです。タイヤを外して、フェンダーを外して、Fフォークを抜いてしまうところまでやらないと締め付けることはできませんが、このままでは命にかかわる重大な事故にもつながりかねません。

ソフテイルなんかでこの部分が取れてしまってオイルまみれ且つ危険な状態で走行してきて入庫していただいたお客様もおられますが、ツーリングモデルでは車体の重量からいっても、フォークが外れて乗っていたなら多分フォークが曲がってしまうんじゃないかと思います。

大きなトラブルになる前での発見でしたので良かったね。。R君

その後無事に組み付けを終えました。
IMG_1580.jpg

バイクの楽しみ方って自分で触ったり、乗ったり、色々な楽しみ方がありますが。

でもプロがやるのと、素人がするのでは同じ作業でもやはり違います。

プロの整備士が簡単そうに作業する部分でも実際は色んな所を点検、ないしは確認をしながら作業を進めていくことも多々あります。

今回はフォークの緩みを未然に防ぐ事ができた、良い例だと思います。

  セルフチェックのみではなく点検入庫やカスタムのご依頼お待ちしております。

O2センサーボスの取り付け

本日はFXSTCのセンサーボスの取り付けです。

年式によってO2センサーボスってサイズが違ったり、ついていなかったり、色々です。

今回の車両は2008年式のFXSTCなので18mmのセンサーがついている車両なんですが、購入したマフラーにはセンサーボスが付いていないので、その部分の加工を承りました

IMG_1567.jpg

近年ではモデル落ちしているFX系のソフテイルです。 Fタイヤが細くってかっこい~んですがねぇ~。

自分もこのスタイルに憧れて初めて買ったハーレーはFXSTでした。もう10年以上も前の話ですが・・・・・

それはさておきお預かりの時間が限られてるので早速外していきます。

IMG_1569.jpg

本来は袋ナットではなく普通のカシメのナットで止まっている部分ですが、袋ナットでおそらく底付きしてしまいナットが取れずにスタッドボルトが抜けてきました。それも4本すべてが・・・・


オーナー様には後程お伝えしますが、あまり望ましくない状況です。。  小さなことなんですが、この小さなことが後の大きな問題の引き金になるんです。

IMG_1571.jpg


IMG_1570.jpg

エンジンとの干渉を避けるために何度かつけたり外したりを繰り返し、穴を開けて確認していきます。

位置が決まったらマークをして溶接して完成です。。

MOTO SERVICE KATOには溶接機がございませんので、仕事が終わってから知り合いの所にお願いしにいってまいります。。笑

ナイトスター

仲間内には内緒に頼むよってオーダーを頂きましたが、取り付けをさせていただいたのでブログにはUPしちゃいます。笑

IMG_1543.jpg
ナイトスターのドラッグバーのこのスタイルやっぱりCOOLですね。

昔から好きなんですよ。でも今では1200Nはなくなっちゃって883Nだけになってしまいましたね。

ブラックアウトされたエンジンにメッキのマフラー小ぶりのエアクリーナーこのスタイルは鉄板です。
IMG_1544.jpg

次回のカスタムはコンピューターチューニングですね。
速くなるばかりではなくパワーに余裕が出ますので1200のギヤ比だと街乗りでは若干ギクシャクしますが、それも解消されると思いますので、是非ご検討ください。(^-^)ライトクラッチを準備しておまちしております。

ありがとうございました。


それとこのブログを見ている皆さんにいい物をご紹介。

黒いエンジンってかっこい~ですが手入れが大変っていうか経年変化で白くなってきます。
IMG_1554.jpg
こんな感じになんとなくグレーな色に。。でもどうしようってなるのは今日までです。

かる~く洗車してからこんな感じにしゅっしゅするだけ
IMG_1556.jpg

あとは乾くのを待つだけ~~

IMG_1560.jpg

こんなにもきれいになりましたとさ。めでたしめでたい。

ちなみにこれはHD純正ケミカル エンジンブライトナーではございません。

エンジンブライトナーも勿論GOODなケミカルですが、ちょっとお高いんですよ。

4000円出したらおつりが来るかもくらいですが。

MOTO SERVICE KATOの愛用品は3000円で確実におつりが来ます。 そして店の前の自販機でコーヒー3本は買えますよ~。

在庫もありますし、お取り寄せも可能です。

是非お問い合わせください。

今日は朝から

家の事でやり残していた芝刈りをしました。
IMG_1537.jpg

一時間かからないうちに芝もきれいに刈って、水撒きしてスッキリとした庭になりました。

IMG_1539.jpg


それと以前アップしたブログで写真のみだったので伝わりにくいカスタムパーツがあたので改めてご紹介



クラッチがノーマル比20%ほど軽くなるVPクラッチです。

遠心力でクラッチワークをサポートし走行時は逆の作用でクラッチの密着を助ける優れもの。

これを付けたなら是非中身が見えるシースルーカバーを。。

カッコいいシースルーカバー他にもいっぱいありますよ。
プロフィール

MOTOSERVICE KATO

Author:MOTOSERVICE KATO
三重県四日市のハーレーダビッドソンのプロショップです。ハーレーがメインですができることなら何でもお受けします。
車検・点検・修理・カスタムはメーカー不問で受け付けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR